メインイメージ

プロポリスなんでも調査団
Propolis investigation team

プロポリスを子供が摂っても平気?


プロポリスは免疫力を高めたり、炎症を抑制する効果があり、
樹脂などの天然成分でできているので天然の抗生物質と呼ばれたり、副作用が起きにくいとされています。
ただ、好転反応というさらに悪化したような症状が表れたりします。
これは一過性のもので、好転反応がなくなると一気に病状が回復しますが、その期間は人によってさまざまです。

このような反応がプロポリスの摂取によって出るので、一般的には妊婦や授乳中の方にはプロポリスはおすすめできないとされています。
サプリメントと同じような考え方で、胎児や母乳への影響を考えたためです。
となると、プロポリスを子どもが摂るのはあまり好ましいことではないと考えられます。

プロポリスの抗菌作用を期待して、アトピーの子どもにプロポリスを摂取させ続けたという話もたまに聞きます。
たいがいが好転反応から全くよくならないので、かわいそうになってやめてしまったという親御さんが多く、
好転反応を越えてアトピーを克服したという方もいるにはいました。
しかし、好転反応の期間は2ヶ月ほどもかかったそうです。
プロポリスは医薬品ではないので、薬に比べてゆっくり効いていくようです。
効き目を待つことに子どもも親も耐えられなくても仕方ないと言えるかもしれません。

最近では、プロポリスの効果をなんとか子どもにも体感させるためにプロポリスを飲ませたいと思う親御さんも少なからずいるようです。
プロポリスを加工・販売する会社のうち、数社ほどは子ども向けのプロポリスも販売するようになりました。

もちろん子ども専用なので、子どもでも安心して摂取することができます。
意外と愛用者も多いようです。
ただ、どこの薬屋でも摂取する上での注意事項は必ずあります。
規定の摂取量と摂取のタイミングを必ず守るということです。

大人に関してもそうですが、注意事項を必ず守ってきちんと飲めば必ず健康へと近づくはずです。
飲み忘れたりすると効果が少なくなってしまうし、多く飲みすぎると副作用が出てしまうかもしれません。

正しく飲んで上手にプロポリスと付き合っていきましょう。