メインイメージ

プロポリスなんでも調査団
Propolis investigation team

プロポリスと蜂蜜の関係


プロポリスを作っているのは蜜蜂です。
日本では蜂ヤニとして知られていますが、蜂ロウと似ているためによく間違えられます。

ミチバチがいろんな樹木から集めてきた樹脂を、唾液と一緒に噛み続けることでワックス状にします。
これが原塊と呼ばれるもので、プロポリス製品の原料となります。
こうしてできたプロポリスを巣の補修や通路や入り口など巣の至るところに使用します。
外敵の侵入を防ぐために通路を狭くしたり、巣の内部をなめらかにしたり、一定の温度に保つためです。

しかし、無菌状態に巣を保つことが一番の目的になります。
樹液の成分には木を守るための抗菌力が含まれていて、プロポリスにも抗菌力があります。
仮に巣に外敵が侵入し、ミツバチたちが大量の蜂の毒で外敵を殺したとしましょう。
その死骸が大きくて巣から運び出せない場合、死骸にプロポリスを覆い被せます。
こうすることで無菌状態が保たれ、腐敗せずにミイラ化されます。
何万匹ものミツバチが過密な状態で集団生活をしているため巣の衛生状態を保つことは重要であり、
このプロポリスの抗菌作用は必要不可欠なのです。

また、巣の出入り口と出入り口付近の長いトンネルはミツバチ1匹がやっと通れるくらいに狭く作ってあり、
そこには常に新しいプロポリスが付着しています。
出入り口でプロポリスを体に接触させることによって有害な菌を滅菌させる役目を果たしているのです。

4200万年も前からこのような独特の集団生活をミツバチはしていたと考えられています。
他の生物は生き抜くために遺伝子を変化させながら進化してきましたが、
ミツバチはプロポリスを利用することにより現在に至るまで進化する必要もなく同じように生きてきました。
それだけプロポリスは改良の必要がないほど完璧なものだったのです。

プロポリスは強力な殺菌作用に加えて細胞活性化作用があると、このような経緯から人々に知れわたるようになりました。
これを体内に取り入れることによって健康を維持しようと古来から考えられてきたのです。
▼青汁も美容や健康に良くおすすめです。詳しくはこちら。