メインイメージ

プロポリスなんでも調査団
Propolis investigation team

プロポリスに含まれる成分


プロポリスにはとても多くの様々な成分が含まれています。

フラボノイド、アミノ酸、酵素、ミネラル(銅・マグネシウム・鉄・カルシウム・アルミニウム・マンガンなど)、
ビタミン(B1・B2・B6・E・C・Aなど)、レシチン、タンニンなどと本当にたくさんの成分が含まれていることが研究で分かっています。

ビタミンやミネラルなど人体に必須な栄養素だけど摂取が難しいものも豊富に含まれているのも嬉しいですね。


プロポリスの主成分は、なんと20種類以上の「フラボノイド」です。
フラボノイドとは植物などに含まれる色素のことで自然界から多く発見されており、その数4000種類以上と言われています。


フラボノイドは活性酸素の抑制やアレルギーの抑制、細胞活動を活発にしたり、免疫力を高めるなどの効果があります。


プロポリスに含まれるフラボノイドは一般のフラボノイドと違い、糖が加水分解されているため糖を含まないのが特徴でより良質なものです。
また、抗菌力が高いのも特徴です。


また、フラボノイドの一種に「ケルセチン」と呼ばれる成分があります。
ケルセチンはガン細胞に直接働きかける効果があり、ガン細胞を死滅させる驚きの効果があります。


ガンは脳卒中、心筋梗塞と日本人の三大疾病と呼ばれるくらい患者も多くなっています。

タバコなどの生活習慣が関係していると言われていますが、今や胃ガンだけでなく、女性の子宮ガン、乳ガン、子供の小児ガンも増えているのが現状です。

ガン細胞に働きかける成分が含まれるプロポリスに注目が集まるのも分かりますね。


ちなみにプロポリスはミツバチと自然界から贈り物と呼ばれており、ミツバチが集める樹脂の木の種類が違うため国によって特徴や香りなどが異なります。

ブラジルはユーカリ樹の植林が盛んに行われておりユーカリ樹がたくさんあります。

ユーカリの樹液は殺菌力がとても高く、ユーカリの成分を含むブラジルのプロポリスは他国のものと比べて注目度は高くなっています。
▼高麗人参も一緒に摂取がおすすめです。詳しくはこちら